3RISE

当社の名前です。

SEOを意識していろいろ対策していますが、いっきにこの「3rise

で順位が落ちてしまった。

原因は、

HOME MADE 家族のアルバム・・・。

「3RISE」

 でも、調べてみたら、意味が同じで興味を持ちました。
 同じ時期に同じタイトル、同じ意味。

親近感があってなんだか素敵。

共に上昇したい。

WEBサイト制作を数年おこなっておりますが、

今までで、一番大変だと思ってます。

世間のモジュールや、ツールなどはよくなってますが、

スマートフォンがでてきたり、タブレット端末がでてきたり、
画面に合わせたWEBサイト開発・構築を行わなければならないので、範囲を定めるべきか、
すべてに対応した基準として提示 するべきか悩みます。

googleウェブマスター向けBLOGでも
PC版としての画面提供をしましょうとしている。

http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/2012/11/giving-tablet-users-full-sized-web.html

現在のところ、制作企業が基準をもっていないのがほとんどで、
検証、テストが多く発生し、昔よりここ数年WEBサイト制作は価格を上げなくては
工数がでないのが現実である。
ブラウザー種類検証、ブラウザーバージョン検証も繰り返し行っているのが現実である。

いまやスマホやタブレットも主流になってきて、制作側としてはPC用サイトだけでなく、
スマホ・タブレットも考えなくてはならず。
かといって、それぞれ3つサイトを作るなんて・・・なんて考えるのはちょっと前の話で、
今はレスポンシブになっているサイトも増えてきていますね。

少し前に話題になっていた、ヌルヌル動く「NHKスタジオパーク」もレスポンシブサイトですね。

NHKスタジオパーク

 

 

海外のレスポンシブなポートフォリオサイトです。
デザイン性・情報の見せ方など、とても参考になります。

 

Lorenzo Verzini

 

 

tom reinert design

 

 

Grain & Mortar

 

 

ALXANDR

 

 

Nudge

 

 

Huncwot

 

 

UPPERQUAD

 

 

Oakwood

 

 

どのサイトもメニュー位置の遷移に違和感がなく、自然に変わってとても参考になります。

このブログでも使っていたwordpressのプラグイン、Twitter Toolsが突然動かなくなった。
もともとwordpress→twitterと連携を図っていて、きちんと動いていたのが
接続を切っても、再度入れ直しても、なにをしてもダメ。

もうこれはTwitter Toolsでは無理なのかもしれないと思っていたところに
新たに出てきたプラグインがこれ。

Social
http://wordpress.org/extend/plugins/social/

Twitter Toolsの後継プラグインのようで、これ一つでTwitter、さらにFacebookとも連携ができる。

今回はTwitterとの連携の設定をご紹介。

Twitterとの連携の場合、Socialプラグインだけでは連携されない。
Twitter Toolsの最新版も同時に導入、有効化する。
こちらのプラグインはとくに設定する箇所はないので、有効化のみでOK。

Socialプラグインを導入、有効化。

設定画面の一番上、「Sign in with Twitter」をクリック。

 

 

 

すると、Twitter側のアプリ連携ページへ飛ばされるので、「ログイン」をクリック。
Twitterにログインする。

 

 

 

再びプラグイン設定画面に戻されると、Twitterアカウントが連携されているのがわかる。
※「No Account」のままな場合は、ブラウザの更新を行う。
念のために、画面右側の「Default」にチェックを入れておこう。

 

 

 

wordpressに投稿した際、連携されたTwitterへポストするフォーマットを設定する。
専用のタグがすぐ下に記述されているので、参考に。

 

 

 

その他は特に設定しなくてOK。
一番下の「Save Setting」で保存。

wordpressの新規投稿画面へ行くと、画面右上に下のウインドウが出ているはず。
デフォルトでYesになっていると思うけど、ここはYesにしておく。

 

 

 

最後に、記事を公開ボタンを押すと、この画面へ移動する。
ここがTwitter Toolsと変わったところの一つ。
チェックボックスにチェックがついていることを確認し、「Publish」!

 

 

 

これで連携されているはず。

SocialはFacebookとの連携もできる。
その設定方法はいずれ。

カスペルスキー、ウィルスバスターのブラウザー機能で、「安全なサイト」と表示されないサイトがほとんど・・・。

安全ページ とでる。
http://ksn.kaspersky.com/jp/index.html?act-threat-cat=0&act-content-cat=0&url=https://www.3rise-c.com/&hl=jp&act-ksn=1



不明なページ とでる。
http://ksn.kaspersky.com/jp/index.html?act-threat-cat=1&act-content-cat=0&url=https://www.3rise-c.com&hl=jp&act-ksn=1
不明なページの場合 「このリンク元を信頼できない場合、このコンテンツにアクセスすることはお勧めしません」
ときたもんだ。感じわるい・・。

自社のサイトも「不明なサイト」とでてていて、まともなことをやっているのに大変感じ悪い状況だったので、
調べたところ、カスペルスキーでは、サイトにも診断基準など書いておらず、
結論だけいうと、申告制? 

問い合わせして、依頼したところ、安全であることを確認したとメールが1ヵ月後ぐらいにやってきて、
無事「安全なサイト」になりました。

(基準は何かと質問したのに、基準の説明はありませんでした。)

ちなみにウィルスバスターでも同様機能で、trendプロテクトという機能。
安全なページで無い場合「このページは未テストです」という?マーク で安全を示す緑色と異なるグレー表示。
トレンドマイクロの場合は、サイトに。
________________________________

もしご自身のページが「未テスト」となっていて評価を希望される場合は、
以下リンクにあるWEBフォームよりお問合せください。
____________________________

あるじゃないですか・・・。
でもWEBフォームの各種項目をみてもサイトテストに関することは書いてません。

サポート 各種お問い合わせ

対象のURLを記載と、自分のホームページを安全なサイトとして評価して欲しい旨を記入して、 
送ればよいらしい。

当社はカスペルスキーに申告しましたが、ウィルスバスター利用のPCで閲覧しても
安全なサイトになってました。

結論はいいのですが、掲載基準はいまだ疑問・・・

調査はつづく・・・        (この記事はH24.11.8時点の内容です。)

ヤフーオークションや、不動産情報サイトathomeで画像が表示されない。

表示が壊れるなどのことがありました。

事象:
画像が表示されない。または画像が破損、壊れて表示される。
特定のパソコンだけ起こる。どのブラウザーで閲覧しても起こる。

原因:
恐らく、javascript系の画像を呼び出す際に全般で起こると思われる。
→アンチウィルスソフトでのスクリプトブロック

カスペルスキー2012バージョンをお使いの場合は2012年11月初旬ごろから
起こるようになりました。 

回避方法:

(1)一時的な回避方法
 カスペルスキーを開く→設定→ウェブアンチウィルス→「プロテクションを有効にする」のチェックを外す。

(2)完全修復方法
カスペルスキー2013バージョンが リリースされているので、ダウンロード、インストール。
事前にカスペルスキー2012バージョン以前はアンインストールが必要となります。

※ライセンス(アクティベーションコード)を手元に用意してください。 
 2012バージョン購入時の アクティベーションコードでも、期間が残っていれば2013バージョンに使えます。

 ●それぞれのバージョンアップダウンロードはこちら
http://www.kaspersky.co.jp/productupdates

●アンインストールツールはこちら
(※バージョン違いでのテストはしておりません。) 
http://support.kaspersky.com/downloads/utils/kavremover.exe