プログラマーにはいろんな方向から解決方法を見つけたりする柔軟な発想、閃きが必要だと思う。

普通の考えでは見つけられなかった解答も、別の角度からだとあっさり見つけることが出来たりすることがあるからだ。

先日、某所で見つけた下記の問題。

子供なら5~10分、プログラマーなら1時間程度で解けるらしい。

あなたはどれくらいで解けましたか?

「特定商取引法に基づく表示」 漠然とわかっているが、

通信販売(ネットショップ、ECサイト)で掲載されているお決まりである。

しかし、ネットショップではないと思っていてもNGなケースがあります。

一般的に通信販売を行っていない場合には、特定商取引法の通信販売の適用は受けませんが、
以下の場合の例は必要になります。

例1)エステサロンサイトで化粧品を紹介し、お問い合わせがある場合

例2)セミナーや、講習など、期間が2ヶ月を超え、金額が5万円を超えるもの

例3)「エステサロンなど」で期間が1ヶ月を超えて、料金が5万円を超えるもの
  ※これはメニュー紹介中で、期間・料金が超えていたら「特定商取引法に基づく表示」がないとNGになります。

例4)有料でプログラムやソフトのダウンロード等は、カートシステムではなくても「特定商取引法に基づく表示」がないとNGになります。

NGになった場合のペナルティーなど、
詳しくは経済産業省のHPをご覧下さい。
http://www.meti.go.jp/policy/tsutatsutou/tuuti1/aa189.pdf
http://www.meti.go.jp/policy/consumer/monitoring/test/qanda.htm

富士吉田 お仕事都合で吉田うどんを2軒

さわやかな空気と、富士山の大迫力をあじわってきました~