最近のSEO事情は特に難しい・・・。

SEO?SEM?SMO?

で、なにがないかわからないですが、結局の結論に至ったのは、
ひたすらネット上を意識すること。

facebookもよし、ツイッターもよし、google+もよし。

自分でやれるSEOは!
そのサイトの内容が当たり前で、当たり前のことが掲載されていること!
そこで、そこで最も手軽な自分で始められるSEOは、
BLOGを書くこと。
内容が充実していることも大事ですが、記事の数が大事です。

昔のように被リンク をひたすら増やすのは、パンダアップデートや、ペンギンアップデート
によるペナルティリスクがあるので、選別されたリンクが必要である。

しかしながら、判定も難しいことなので、ただのリンクページにするのでは、なく
きちんとした説明と紹介や、案内といった内容にするぶんには、
 パンダアップデートや、ペンギンアップデートにはならないと考えます。

今まだ手入れをしていないサイトは、BLOGと、facebook、ツイッターを
連動にし、記事を増やすことが最も手軽だと思います。

SEOとは?

サイトを上位に上げて欲しいと依頼がある。

しかし、漠然とキーワードで上位に上げるシンプルなふうに思っている方が多く、
SEOをご認識している。

SEOとは?「検索エンジン最適化」
Search Engine Optimization、SEO、サーチ・エンジン・オプティマイゼーション)は
ある特定の検索エンジンを対象として検索結果でより上位に現れるようにウェブページを書き換えること。

「googleでのSEOは、正しいページが正しく上位にある」
しっかりgoogleウェブマスターBLOGでもかかれている。

当たり前のページが当たり前に上位にくる。
特定キーワードで無理やり上位に上げるのはNG。ってか、最近あがらない。

正しいページ構成をもちましょう。

タイトル、meta、本文のバランスを・・・

meta name=”keywords”やmeta name=”description” にキーワードを入れるのは基本ですが、

その<body></body>の間にそのキーワードがあるだろうか?
テキストでbody></body>間にそのキーワードがなければ「キーワード」としてみなされない。

そのページ内にキーワードがなければ、meta name=”keywords”やmeta name=”description”に
書かれていることは嘘 っと一緒です。

例えば「スポーツ用品店」でしたら「スポーツ用品」である
meta name=”keywords”やmeta name=”description”、テキストでbody></body>間にそのキーワード
があれば、そのページは「スポーツ用品」のサイトである。

あたりまえなのですが、これで始めてSEOです。

最近になって、あるサイトを調査してわかったこと。

昔は「alt=”興味津々”  」 画像名にaltをつけてもSEOとしては有効でないと

思っていたが、

最近では、altキーがかなり重要と感じる。

タイトル、meta、本文にキーワードとなるテキストがなくても、altで

検索エンジンに登録される。

結構重要・・・!

googleのガイドラインでは、はっきりと誘導ページ(ドアウェイ、Doorway)はガイドライン違反としてます。

いわいる被リンクと違って、あきらかに誘導するための、特定のサイトへのリンクを追加しただけのWEBページ

や、BLOGは、情報が少ないため誘導ページと判断される。

説明を加え、正しいページ生成を。。。

当たり前のことを当たり前に記載しれいれば、問題ない。

IE8をダウンロードしたら日本語でなく英語の表記になってしまったー (--;

の解決方法です。

microsoftのサイトから、日本語
http://support.microsoft.com/kb/971414/ja

年末から、IE 強制バージョンアップが話題となってますが、
自動配信は、ユーザーがWindows Updateを通じた自動更新を有効にしている場合に適用される。
日本ではまだ強制になってないようですが、
自動アップグレードを望まない企業のためには
「Automatic Update Blocker」というツールを用意し、IE 8と9の更新をブロックできるように
なっているそうだ。

WEB業者からしたら、強制でもいいような・・・・。

その前にIE8のHTML5対応をしっかりやっといてー。 (T_T)

SEO検索エンジン対策を事業として行っているが、
以前と比べ10月ぐらいから上がらない。

googleのアルゴリズムがだいぶ変更になり、
従来のやり方では上位を狙えない。

当たり前のことを当たり前にページに記載することが、
最もSEOとしては最適化なのですが、今は加えて、、
ページの表示速度が大きく関係する。

表示速度を考慮していなかったサイトとしては、
作り直しになるのは間違いない。

ちょっと邪道かもしれませんが、ページに訪れてもらう対策として、
意識したいことがあります。

yahoo!japanで検索したときの 上下にでる「検索ヒント」を意識することです。

もちろん自分のWEBサイトに合わない言葉もあると思いますので、絶対ではないですが、

「よく調べられているキーワード」です。

例えば「絶滅危惧種」で検索すると、検索ヒントが下にでます。

sc5

日本の絶滅危惧種 絶滅危惧種 動物 絶滅危惧種原因 世界の絶滅危惧種 

絶滅危惧種とは

「絶滅危惧種 動物」などキーワードを取り入れた説明ページをつくることや、title、metaも合わせて
制作すると、2ワード以上のキーワードとしてはSEOに対してやさしく(容易)、
上位に上がりやすいと共に、yahooでのヒントから
押してもらえる確立があがります。

邪道のSEOでスパムになった対処方法として、まずは、
基礎を理解しましょう。
そもそもgoogelに書いてある。

1.隠しテキストや隠しリンクを使用しない。

2.クローキングや不正なリダイレクトを行わない。

3.自動化されたクエリを Google に送信しない。

4.コンテンツに関係のないキーワードをページに記載しない。

5.複数のページ、サブドメイン、ドメインで同じコンテンツを公開しない。

6.フィッシングや、ウイルス、不正なソフトウェアのインストールなど、悪質なページを作成しない。

7.検索エンジン用の誘導ページを作成したり、オリジナルのコンテンツがほとんどないアフィリエイト プログラムを使用しない。

_________________________

スパムの判定となったら・・・・

ただ直しました~~ん。では、不十分で、自らスパムの申告をしましょう。

再審査リクエストURL
https://www.google.com/webmasters/tools/reconsideration?hl=ja

リクエストは人的に判別されているようなので、一度送れば十分。
何度も送らないようにしましょう。

これでも不十分!
googleが提供するWEBマスターツールというのがある。
https://www.google.com/webmasters/tools/home?hl=ja

リクエストを送信する前に、なぜなのか分析をしましょう。

ちなみにペナルティ解除にかかる日数は1日もあれば、2週間、1ヶ月とばらばららしい。

WEBサイトを最適化するときに、ほとんどの制作会社はrobots.txtファイルの使用を考慮していないように思えます。

robots.txt のの  有無によってgoogleのロボットクローラーがサイトを認識できるかどうか決まります。
フォルダの外に配置しておくことでとても助けになります。

ここにrobots.txtファイルに入れ込むことができる変数を記載。
 

1.User-agent:ここには、特定のロボットに対してのアクセスポリシーを記述します。
  「 * 」で全てのロボットに対して有効です。

2.Disallow:ここには、クローラーが入らないでよいフォルダを特定します。

3.#はコメント数表示です。

具体例) 

User-agent: *
Disallow:/cgi-bin/

すべてのクローラーが許可され、cgi-binのディレクトリは参照されない。

Disallow: /admin.php
こんなのを加えると、管理画面など見えて欲しくない(検索にでてほしくない)
サイトはブロックできます。

SEOの基本。
SEOは無理やり上位にあげるものではありませんので、
単純なgoogleに書いてあることですが、多くのWEB制作者はしらないようですので、
ご参考にいただければと思います。

参考robots.txt ダウンロード